第二回 草加リソグラフ部は「草加タイポ柄の紙でポーチを作ろう」

ローカルWEBメディア・地域サイト 草加ローカルストーリー 草加リソグラフ部 ポーチ作りワークショップ
 
第二回「草加リソグラフ部」開催します!
 
リソグラフとは、日本の印刷機の会社、理想科学工業の製品を使った印刷方法で、近年は海外のアーティストやイラストレーターにも注目されている表現方法です。

紙を元に印刷の版を作ることのできる仕組みなので、パソコンなどを使えなくても、どなたでも原画を作ることができます。
今回も、こちらで用意する「草加の街タイポ」が一覧に並んだ紙を元に原画を作りますので、絵や字が苦手という方でも全く問題ございません。

草加市市民活動センターにあるリソグラフの機械を利用して、その場で作品を確認することができるのが、好評なワークショップです。

第二回のテーマは「草加タイポ柄の紙でポーチを作ろう!」

ローカルWEBメディア・地域サイト 草加ローカルストーリー 草加リソグラフ部 ポーチ作品例
 
草加の看板文字をコラージュしてリソグラフで印刷し、それをポーチにします。
初めての人でも時間内でポーチを作ることができるようにと、今回は関係者だけでリハーサルしました。
 
ローカルWEBメディア・地域サイト 草加ローカルストーリー 草加リソグラフ部 ポーチ並べる
 
リソグラフで作った紙を、型紙通りに切り抜き、ビニール加工し、ファスナーを付けて、箱状にしてポーチを作ります。
 
 
草加の看板文字を切り貼りしていると、「この看板はどこのもの?」「これは看板だけ残っていたものだよー」など、自然と会話が生まれてきます。
文字を感覚的に並べるだけで大丈夫。出来上がってみると、なんとも面白い作品になるんです。
 
ローカルWEBメディア・地域サイト 草加ローカルストーリー 草加リソグラフ部 ビニール貼り
 
タイポで埋め尽くされた紙をポーチにしてみると、自分で作ったからなのかもしれませんが、なんだかとても愛着が湧いてきます。
草加の街にも、愛着を持つきっかけになればいいなと思っています。

 

ローカルWEBメディア・地域サイト 草加ローカルストーリー 草加リソグラフ部 完成間近
 
会場となる「草加市市民活動センター」は、現在の期間、部屋に入ることのできる人数が制限されておりますので、6名の定員とさせていただきます。
 
ローカルWEBメディア・地域サイト 草加ローカルストーリー 草加リソグラフ部 完成間近
 
当日は、感染予防対策のため、当日体調不良(37.5 度以上の熱のある方 )は参加をお控えください。またマスクを持参し、ご着用ください。

日時
7/ 25(日) 13:00〜17:00 
場所
草加市市民活動センター(谷塚駅徒歩10分・駐車場17台・駐輪場あり)
所要時間
4時間程度
参加費
500円(製版代・コピー代・ファスナー・ビニール代など)
持ち物
のり・ハサミ・カッター・テープのり・定規・マスキングテープ・カッティングマット(なくても可)

参加される方は、以下のフォームよりお申し込みください。
下記のフォームでうまくいかない場合はこちらからお申し込みください。